くじら家のこだわり

鯨料理は、日本の伝統的な食文化です

くじら家は、当地南房総市和田浦と宮城県石巻市鮎川に捕鯨・加工拠点を持つ外房捕鯨(株) 直営の店舗です。
鯨は戦後の日本社会に豊富なタンパ ク質を含む貴重な食料として大量に流通し、1950年代には日本人の摂取する 動物性タンパク質の50%以上を占めた時期がありました。
一方で沿岸の漁村社会においては、江戸期から伝わる伝統
的な食べ方が現在でも根付いています。

かつて日本全国で大量に流通していた「鯨ベー コン」は日 本円の価値が相対的に低く、鯨肉が最も安い肉であった時代 に、「豚のベーコンのようなものを、価格の安い鯨で製造出 来ないか」 という発想で製造されたものです。 一方で「鯨のベーコン」の原料である「畝須」と呼ばれる部 位は、長崎県では江戸期より「末広」と呼ば れ、晴れの日 にはなくてはならない食材として現在でも広く食べられて います。

鯨ベーコン画像

平成 の世になって商業捕鯨(要するに「鯨を対象とした普通の漁業」の意)が停止されて供給量 は極端に減少したことに加え、日本円の対ドル為替 相場の上昇したことも手伝って、鯨はすっかり「高価な肉」とな ってしまいました。 高ければ、なかなかお客様は買ってくれない。安く売ろう と努力しても、とても鶏肉や豚肉にはかなわない。

鯨解体画像

そこで、とりあえずは、「鯨肉をおいしく食べる方法」を追求して いこう。鯨の解体したり、加工する作業をしていく中で、お客様 が「美味しいねえ」と言ってくれるようなものを、提供していこう。 外房捕鯨(株)はそんな考え方で仕事を進めています。

そして「くじら家」は、外房捕鯨(株)が捕獲・解体した鯨、加工した鯨肉をお客様に提供する場です。
「くじら家」は、 鯨を獲る現場、解体する現場、美味しく加工する現場、

そんな 現場の息吹が「美味しい食べ物」としてお客様に伝えられるお店にした。
そう考えています。まだまだ力が足りませんが、お客様から叱咤激励 をいただきながら、頑張ってみたいと思います。 よろしくお願いします。

鯨商品セット画像

プレスリリース、解体情報などはこちら 捕鯨会社

お問い合わせは

つ印 くじら家

くじら家

  • 【住所】
  • 〒299-2701
    千葉県南房総市
    和田町花園127-3
  • 【TEL】
  • 0470-47-4780
  • 【FAX】
  • 0470-47-4811
  • 【営業時間】
  • 8:45~17:30
  • 【定休日】
  • 木曜日

ネットからのご注文・
お問い合わせは24時間受付

お問い合わせフォーム